「サドンアタック」のレビュー

「サドンアタック」をプレイしてみたので、そのレビューのようなもの。 現在「サドンアタック」では、デスマッチ(相手チームを規定数倒す)と、 爆弾設置チームと解除チームに分かれての攻防を楽しむ事が出来ます。

FPSは、オンラインゲームのジャンルとして世界的に人気があり、 日本でも人気が高まっています。是非チャレンジしてください。

「サドンアタック」のレビュー
FPSにしては全体のレベルが低めなので初心者に比較的優しい。
動きが遅めなので、ヘッドショット(頭を撃つ)を狙う練習がしやすい。
ラグアーマー=回線ラグによる無敵が無い。
途中参加OKなので、待ち時間が殆ど無い。

Vistaや低スペックにも対応しているのでパソコンによる弊害が少ない。
のも魅力です。

ゲームシステムの不満では、
ステージ数が少ない。
使用スロットが反映されない(勘違いかもしれません)
1セット終了してもシャッフルが無く、移動しない限りメンバーが固定される。

しゃがみ移動をしても、引っかかって動いてくれない場所がある。
デスマッチの開始場所や爆破モードで、チームにより有利不利が大きく、
現在の殆んどのステージが青チームが有利。

他のプレイヤーをスペクトで観た時、実際の位置とずれている。
壁の向こうにいるのに、影や銃口が突き抜けて見えることがある。
足音が無駄に大きい。
などありましたが、まだテスト段階なので今後に期待します。

私もまだまだ下手糞ですが、FPSの基本として脱初心者のヒント。
(以下は私が実践しているものです。常に正しい行動とは限りません。)

地形を覚えて、敵が居るかもしれない場所や射線(撃たれる範囲)を常に警戒して、 一つずつクリアリング(現時点で敵がいない確認)する。

銃声や足音を聞く
(現時点ではズレを感じる部分もありますが、目安にはなります。)

ヘッドショットを常に狙い、相手の頭がくるであろう位置にクロスヘア(照準) をあわせながら移動する。(慣れるまでは近くの仲間を利用すると簡単。)

特攻は美学ではありません。攻めなのにスナイプで待ち続けるのは論外ですが、 焦って飛び出すのは危険です。

手榴弾を有効に使う。(反射させ見えない敵を狙うなど。)

ハンドガンを有効に使う。ハンドガンは弾数は少ないですが十分強い武器です。 交戦中にリロード(弾の補充)するぐらいならハンドガンを使いましょう。
(リロード中でも武器変更は出来ます。)

連射系武器は、至近距離を除き2〜3発づつで区切って撃ちましょう。
それ以上撃つとAIM(エイム=射撃対象に照準を合わせること。)が
正確でも、極端に当たり難くなります。

物陰から視野の広い場所に出る時は、しゃがみ歩きしないようにしましょう。
スナイプの的になる場合が多いです。
なので、クロスヘア(照準)をヘッドの高さにあわせながら出て応戦するか、
ジャンプしながら飛び出して相手のAIMを狂わせます。
(「しゃがみ歩き」や「歩き」は、敵が居そうな付近での移動手段に有効です。)

無駄撃ちをしない。
敵に居場所を知らせてしまいます。

味方のすぐ隣や、細い通路で立ち止まらない。
手榴弾でマルチキルされたり、味方の進路(退路)を奪うことになります。

現時点のサドンアタックでは、これらを意識する事で勝率50%はいくと思います。 かといって、オンラインゲームのジャンルとして敷居が低い分野ではないので、 始めは負ける事が多いと思いますが、少しづつ上達していきましょう!

おまけ
サドンアタックで名前の一部に、数字や記号が入っている人が いますが、Leet(リート)という表現方法です。 海外では愛用している人も多い表記法です。 私の名前「のっち」を例にすると notti=NoTti 等になります。

用途は違いますが海外のギャル文字と思えば 分かりやすいかもしれませんね。 このような名前を使用している人は、海外のFPS経験した 上手い人が比較的に多いので、スペクトの対象にしちゃいましょう。

英語ページですが、変換してくれるサイトです。
これを元に似たアルファベットや記号で整えます。
Leetspeak


紹介記事
サドンアタック

トップページに戻る