ドリフトシティのレビュー

競争だけが全てじゃないレーシングRPG「ドリフトシティ」をプレイしてみたのでレビューを少し。噂どおりクレイジータクシーとチェイスHQのようなシステムで、車好きじゃなくてもオススメできるオンラインゲームになっていました。ソロでも十分楽しめますが、特に面白いのはチーム戦やボスバトルになっています。どちらも気軽に参加できるのがチャットが苦手な私に魅力的です。

ロード画面や公式サイトの操作方法が方向キーになっていますが、WASDでも操作できるので好きなほうでプレイできます。全体的にグリップが良く、ドリフトもワンキーで行えるので簡単です。初級マップは道幅も広くクエストの難度も低めなので、ジックリ覚えてから攻めるというより適当にぶつかりながらでも十分クリアできます。馬鹿でかい車やゴミ回収車など色々な車種に乗れたり、クエストが山ほどある上に1つ1つにストーリーがあるので退屈しません。ただ、車に乗って走ることには変わらないので、ソロだけだと長時間遊ぶとダレてきそうです。


チーム戦のSSです。明らかにレベルの違う車ばかりでしたが(私は右上から2台目)、能力調整か分かりませんが、改造一切無しでもいきなりスピードアップするのでそんなに不利な感じがしませんでした。上位に入るのは流石に厳しいですが、そこそこの見せ場は作れそうです。

ゲーム内のチャットの数が多く、普通に会話している人からアイテムの取引やパーティーの募集などが頻繁に行われています。少なくとも私が遊んだレベルまではソロで十分遊べましたが、それ以降のカーチェイス(ボス)との対決はパーティーを組んだほうが良いのかもしれませんね。

1番始めにするメールアドレスの入力が、Ctrl+Vでも受け付けないのが地味に面倒でしたが、その難関を乗り越えればあとはすんなりプレイできます。ゲームパッドに対応していたり、チュートリアルが親切だったりと遊びやすい工夫が随所にみられるので、「レースゲームは難しいからなぁ」を思っている人に特にオススメできるタイトルです。

ドリフトシティ
Copyright(C)2007 Arario Corporation. All Rights Reserved. Copyright
(C)NPLUTO. All rights reserved. Published by Arario Corporation.

トップページに戻る