S.O.Wレビュー

特性の違う兵科を使用してチーム戦を行うFPS「SOW」をプレイしたレビュー。人気のゲームモードは「占領戦」で、これがこのオンラインゲームのウリになっています。 この占領戦は旗の所有権を巡っての攻防となり、やられてもすぐ復帰できるので味方と連携を取りながらガンガン攻めまくれるのが魅力です。

グラフィックはパッと見はシンプルですが遮蔽物が多めなので、スナイパーの重要度が他の無料FPSの中で低いのが特徴です。


占領への流れは、「旗周りの制圧>煙幕・アサルトの盾を駆使して占領>旗周辺でキャンプ・回復・グレネードで制圧の阻止」などがあり、それに加えて「索敵兵器で敵の発見・拠点破壊」などを絡めていきます。 他のFPSと比べて前線の押し上げが重要で、自軍近くでキャンプしていても敵も味方も復活するので意味がありません。いまいちルールが分かっていない人は「とりあえず旗に絡む」事を意識して遊んでいるとチームに貢献できるはずです。

他のゲームモードは今のところ未完成な感じで、「ミッション戦は復活できない占領戦なので意義が薄い・デスマッチは攻めると不利なキャンプ合戦」になっていました。


射撃に関しては、しゃがんで撃つと遠距離でも頭を狙える代わりに移動撃ちがかなりバラけるのと、バーストやタップなどのテクニックを使うよりも、単純に照準が合ったときに撃つと倒しやすいように思えました。

弾自体をロスしているのかヒットボックス(当たり判定)のズレなのか、なかなか倒せない硬い人がいるのが欠点になりますが、一度や二度の撃ち合いにこだわる必要が無いゲーム性なのであまり気になりませんでした。それ以上にチームプレイが決まったときの達成感がかなり高いので、個人成績よりもチームを優先して戦いたい人に現状で一番おすすめしたいFPSです。

紹介ページ:SOW

トップページに戻る