真・女神転生IMAGINE 新ダンジョン「魔階カグラザカ朱雀洞」を実装

悪魔同士を合体させるはMMORPG「真・女神転生IMAGINE」が5月22日に新ダンジョン「魔階カグラザカ朱雀洞」を実装します。このダンジョンの場所は「イチガヤ」フィールドとなり適正レベルは20〜30になります。

先日、生産システム第2弾が実装され「分解」「合成」「改造」というこれまでに無い要素が追加されたばかりですが、今回実装されるダンジョンでは「スザク」の関連するレアアイテムが入手可能で、ある条件がそろうと現れる「迷子のエンジェル」からドロップするアイテムでは高い経験値を得る効果があります。

フォーチューンカードを始めとするアイテム課金が高額になりやすい事で話題になるオンラインゲームですが、今回のように比較的低レベル向けなバージョンアップも行われているので、適度なプレイでまったり遊ぶのがいいかもしれませんね。
「魔階カグラザカ朱雀洞」のストーリー
大破壊後の「トウキョウ」では資源が枯渇した現状を解決すべく、「イチガヤ」の大地をはうエネルギーを資源転用するプロジェクトを発足させる。掘削作業は順調に進み、地下から湧き出るエネルギーに人々が喜んだのもつかの間、作業従事者が次々と命を落とし、行方不明者が続出したのである。プロジェクトは凍結し、忘れ去られた跡地は悪魔が出現する魔階へと変ぼうした・・・・・・。

真・女神転生IMAGINE
COPYRIGHT (C) ATLUS / (C) CAVE

トップページに戻る